竜巻は上昇し魔法使いは笑う
アナタが思う「アイスティー」と、一般的に考えている「漁師」は、もしかしたら全く違うものかも。そうやって思ってみると、ちょっぴり面白いね。
ホームボタン

曇っている大安の午後に散歩を

ここ最近は、防波堤に釣りに道具を持っていってない。
仕事でものすごくあわただしく出かけられないのもあるが、しかし、大変日差しが強いので、釣りに行きにくいのもあることはある。
それに、会社終わりによく行く場所を眺めても魚をあげている様子がないから、気持ちが高ぶり出かけたいとは思わない。
大変大量にあがっていたらそわそわして行きたくなる。

気分良く踊るあの子とぬるいビール
好きなミュージシャンはいっぱい居るけど、ここ最近は海外の音楽ばかりかけていた。
一方、日本国内の音楽家の中で、大好きなのがcharaだ。
CHARAはたくさんの曲を出している。
代表作なのは、HEAVEN、月と甘い涙、VIOLET BLUEなどなど。
日本にはたくさんのミュージシャンが存在するが、チャラは彼女は魅力ある個性がぴかっと見える。
日本には、世界で仕事をするアーティストも多いが、この方も人気が出るような予感がある。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?「あたしを無人島に持って行って」
このような題名が作られることにビックリする。
半分以上の曲の作詞作曲も行っていて個人的には、クリエイティブでカリスマっぽい才能があると思う。
judy&maryのユキとコラボして出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象深い。
可愛かったから。
誰しも一度くらい、思う、思われたいような事柄を、工夫してキャッチフレーズのように表現している。
キャッチフレーズコンテストなどに入賞されそうだ。

ぽかぽかした平日の午後は座ったままで

このごろ、TVで、マクドナルドのチキンナゲットの食感をまねたものといって流していた。
めちゃめちゃおいしそうだなと思って、妻にしてもらったが、マクドのナゲットの食感では決してないけれど味わい深かったです。
なんか衣がほんの少し違ったのだけれど、中は、同じチキンだから、俺の舌では、ちょっとの違いはわからなくてとってもおいしかったです。

雪の降る月曜の夜明けは歩いてみる
海辺がとても近く、サーフィンのスポットとしてもとっても有名な場所の近くに住んでいる。
だから、サーフィンをしている方はとても多く、会社の前に朝ちょっと波乗りに行くという方もいる。
そのように、サーフィンをしに行く人が多いので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方も非常に多かったのですが、毎回断っていました。
それは、私が、運動神経が悪く、息継ぎできずに泳げないからだ。
けれども、しかし、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行った場所は熟練者がサーフィンする海で、テトラポッドが左右に設置されていて、波乗りのスペースが狭い海でした。
泳げない私は、パドリングをする筋力も少なくて、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

曇っている休日の早朝に食事を

わりかし縫物用の布はばかにならない。
娘が園にもう少しで行くので、袋が園から指示された持ち物とは言っても、ちょっと驚くくらい裁縫するための布が金額がいった。
ことのほか、固有のキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、すごく金額がいった。
見たら、柄がきれいなキャラクターものの縫物用の布が大変高い。
指定の形のの本入れやボール入れを購入した方が早いし、安価だが、農村なので、聞いてみたら、みんな、お手製だし、隣近所に販売していない。

湿気の多い日曜の夕方にビールを
出張業務に出かけると、1週間ほど帰ってこれない場合もある。
凄く、充実感は持っているけれど、常に気を張っているので、3時間睡眠。
起きる予定時間のずいぶん前だと言うのに、目が覚める。
その代り、終了後の解放感は幸せだ。
思う存分遊びまくるし、快眠だし、しっかり食事をとる。

騒がしく踊るあの人と私

関東でも古くより賑わっている町が、台東区にある浅草。
中でも参拝客の多い仏様が浅草寺だ。
まさに近頃、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久々に向かう東京都の浅草。
一段と、自分で実際に直視し理解したのが、日本人以外のツアー客たくさんいること。
世界中より旅行客が集まる浅草、前よりどのように見ても増えた。
それは世界で一番背の高い総合電波塔である、東京スカイツリー完成の影響もあるだろう。
近隣の諸国からは、ビッグバードのハブ化で身近になったという事から、それと、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れてやってくる観光客が多いと思う。
いずれ、この先の未来もたくさんの外国人観光客が来ることを想像させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る記念にして欲しい。
私は、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産に有名な人形焼と雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な浅草寺本堂が見えてくる。
この屋根の瓦はさびにくい性質を持つチタンを使用して、改修工事を行ったそう。
秘仏の観音様に日頃の感謝と旅の無事を祈り御祈願した
頑張りが必ず成就するように。

悲しそうにダンスするあいつと穴のあいた靴下
セミももう鳴いていない夏の夜。
少年は縁側に座り、西瓜をかじっていた。
かじってはスイカの種を庭に向かって吐いていると、ときには種がうまく飛ばずに、自分の体に落ちる時もあった。
傍に置いているかとり線香の匂いと、うちわで扇ぐ蒸し返す夜、そして西瓜の味。
少年はそんな事を堪能しつつ、明日は何をして遊ぼうかな、と夜空を見上げた。

気分良くダンスする妹と冷めた夕飯

友人の知佳子の彼氏のSさんが経営する食品会社で、いつも梅干しをお願いしている。
酔うと電話をかけてくれるSさんが可愛がっている社員のEくんという若者は、ほとんどトークがかみ合ったことがない。
シラフの時の彼は、相当な人見知りが激しいようで、あまりいっぱい話してくれない。
だから、私はE君とは満足いくくらい会話をしたことがない。

熱中して口笛を吹くあなたとアスファルトの匂い
さやかちゃんは一見おだやかそうに見られるらしいけど、かなりアクティブな女友達。
優しい旦那様と、1歳になる賢治くんと、一家で、ミスドの向かいのアパートに住んでいる。
仕事も育児も手際よく行い、毎日が充実していて、時間の使い方は得意。
ちょっとでも時間があれば、どこか行かない?と絶対電話をくれる。
私はそのたびにドーナッツを持って、さやかちゃんの家に行く。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 竜巻は上昇し魔法使いは笑う All Rights Reserved.